生物統計部門

生物統計部門は主に(1)医師主導治験を含む臨床試験の生物統計家として参画(2)医学研究者に対する生物統計支援(統計相談やデータ解析)(3)医学研究者への卒前卒後の生物統計教育を行っています。特に医学研究では「研究デザイン作成の段階」から研究目的の設定サンプルサイズ設定をはじめとする生物統計学的な検討を十分に行うことが成功の秘訣です。試験計画の骨子作成後も統計解析計画の作成論文投稿後の査読者とのやり取りなど様々な場面で研究者への支援を行っております。

生物統計ユニット

役割

医学研究のデザイン作成、データ解析、結果の解釈、論文投稿等、研究におけるあらゆるプロセスで生物統計学の知識が必要となります。生物統計ユニットでは、研究ごとに専門家が最適な生物統計学的支援を行い、国際水準の臨床研究の推進に貢献します。また、研究者を対象とした生物統計学の教育にも注力しています。

提供可能なサービス

  • 臨床研究における生物統計相談(実績:累計950件以上)
  • 医師主導治験および臨床研究の生物統計家業務(計画作成、統計解析、論文作成支援等)
  • 生物統計セミナーの講師

支援内容

医学研究は、「研究デザイン作成」 → 「実施」 → 「データ解析/結果の解釈」 → 「論文作成」 というプロセスをとりますがいずれのプロセスにおいても生物統計学 (biostatistics) の知識が必要になります。特に質の高い研究結果を得るためには研究デザイン (= 試験の実施計画書) 作成時の早期の段階から専門家との生物統計学的な検討が重要です。それによりその後の結果の解釈・論文作成が容易になります。そこで当部門では医学研究者に対する次の支援を実施しております。

  • 統計相談 (解析計画の作成症例数の設計その他一般)
  • データの統計解析
  • 論文作成支援

御質問・御相談はこちらまで。

支援対象

主として学内の方(慶應義塾大学医学部及び慶應義塾大学病院に所属の方)を対象に支援を行っております。学外の方の御相談については別途費用を算定し応需いたします。

メンバー

責任者 専任講師 阿部 貴行
特任助教 Rachel Roberts
特任助教 佐野 文哉

客員講師 安藤 友紀
訪問研究員 塩境 一仁
訪問研究員 中戸川 智彦

1. 医学研究支援の実績

(1)統計相談(累計977案件:2010年4月~2016年12月末 (6.5年間))

教室

案件数

  内科学教室

220

  外科学教室

119

  眼科学教室

96

  放射線科学教室

86

  リハビリテーション医学教室

55

  精神・神経科学教室  

64

  産婦人科学教室

46

  その他

335

合計

1021

(2)臨床試験の統計解析業務

Academic Research Organisation(ARO)の生物統計部門として複数の臨床試験/臨床研究の生物統計家・統計解析を受託しています(医師主導治験:10試験臨床研究:多数)。

2. 共同研究の事例(2010年4月以降)

<研究費>

  1. 阿部貴行(研究代表者): 基盤研究 c 学術研究助成基金助成金(文部科学省)平成27-29年度.研究課題「生物統計学・臨床研究デザインの教育プログラムの開発と提供 -医学研究者のために-」
  2. 阿部貴行(研究分担者): 基盤研究 (A) 研究費補助金(文部科学省)平成25-28年度.研究課題「多種多様なデータに基づく統計的評価法の総合的研究」(研究代表者:岩崎 学)
  3. 阿部貴行(研究分担者): 日本医療研究開発機構(AMED)(難治性疾患実用化研究事業)研究課題「難治性クローン病に対する神経難病治療薬OCH-NCNPの有用性および安全性を検証する医師主導治験」(研究開発代表者:金井隆典)
  4. 阿部貴行(研究分担者): 厚生労働科学研究費補助金(厚生労働省)平成23-25年度.研究課題「特発性血小板減少性紫斑病に対するリツキシマブの臨床開発」(研究代表者:宮川義隆)
  5. 阿部貴行(研究分担者): 厚生労働科学研究費補助金(厚生労働省)平成25-26年度.研究課題「血栓性血小板減少性紫斑病に対するリツキシマブの第Ⅱ相医師主導治験」(研究代表者:宮川義隆)

<学術論文> こちらのリンクをご覧ください。

<学会発表(室員が発表者のもの)> こちらのリンクをご覧ください

3. 統計教育

次の医学研究科及び医学部の講義を担当しています。

(1) 大学院医学研究科講義(4月)

  授業科目名:医学統計学(講義8実習8回)

(2) 医学部講義(10月)

  授業科目名:医学統計・医療情報(応用統計)(第3学年講義8実習7回)

  授業科目名:公衆衛生学(第4学年実習(メタアナリシス)を数班担当)

  授業科目名:自主学習(第4学年臨床研究における生物統計学的留意点)

講義テキスト

  阿部貴行佐藤裕史岩崎学 (2013) 「医学論文のための統計手法の選び方・使い方」 東京図書

(3) 他大学

  成蹊大学理工学部非常勤講師(2014)「確率論」(第2学年15コマ)

  大阪大学大学院基礎工学研究科 (2015) 「データ科学特論I欠測データの統計解析」(3コマ:9/1)

4. 統計セミナー

次のセミナーの講師を担当します。詳細は臨床研究推進センター各種講習会のお申し込みページに掲載します。

《 今後参加募集のセミナー 》

・医師主導治験における生物統計学セミナー (2017年6月8日(木)18~19時)
 演者:安藤友紀 先生(医薬品医療機器総合機構)
 (本セミナーの受講料は無料です。)
・慶應CTR臨床研究デザイン・医学統計ワークショップ
 第8回 介入研究コース(2017年8月19日(土)13~18時)
 内容(予定):CONSORT線形モデル混合効果モデル

《 終了したセミナー 》 こちらのリンクをご覧ください。

関連リンク

○ 所属学会(阿部)

日本統計学会

日本計算機統計学会 2015-2016年度2017-2018年度 理事

日本計量生物学会

アメリカ統計学会

国際計量生物学会

○ 研究機関

慶應義塾大学医学部 衛生学公衆衛生学教室

University of Minnesota School of Public Health Division of Biostatistics

MRC Clinical Trial Unit (MRC CTU) at University College London (UCL)

Peking University School of Foundational Education Health Science Center Department of Biomathematics & Biostatistics

○ 統計ソフトウェア関連

SAS Institute Japan

SPSS