企業・スポンサーの方へ

臨床研究推進センターでは、新規の医薬品・医療機器・診断薬・診断機器・細胞治療の研究開発を包括的にサポートします。
アカデミア・ベンチャー企業等からの研究開発シーズを、基礎・非臨床・臨床のどのステージからも受け入れます。研究開発の専門家からなるシーズ評価委員会や再生医療推進委員会での検討結果を踏まえて、最適な知財戦略・産学官連携・非臨床試験および臨床試験計画デザイン・規制当局対応などの支援パッケージを提案し、基礎研究の成果を戦略的に臨床試験まで橋渡しします。また早期・探索段階も含むICH-GCP対応の医師主導治験および企業主導治験の支援を行っています。開発を行う研究シーズは、早い段階で積極的に企業導出し、一日でも早い実用化を目指しています。

シーズ育成体制

慶應義塾大学の協力を得て研究シーズを開発したい方 開発中のシーズに関するお問い合わせ

医療系ベンチャー支援について

医療系ベンチャー支援については、こちらのページをご覧ください。