臨床研究の現場から


これまで「臨床研究の現場から~機能を支えるスタッフ陣~」にて、臨床研究推進センター(CTR)の責任者の先生方に各部門の機能についてお話を伺ってきました。

2019年からは、臨床研究推進センター内の複数の異なる部門の方々が事業運営を推進する上で、部門を超えてどのようなチームとして機能しているか、チームとしての役割を担っているかについて座談会形式の紹介をしていきます。

慶應義塾大学病院臨床研究推進センターでは、2019年7月に「臨床研究企画推進部門」が新設されました。新シリーズ「CTRにおけるチーム機能」座談会の第3弾として、臨床研究企画推進部門の皆様をお招きし、新部門の設立の経緯や活動内容、今後の展望等につきお話をお伺いしました。

過去の対談一覧

機能を支えるスタッフ陣


佐谷 秀行 教授
慶應義塾大学病院・臨床研究推進センター・センター長
※所属・職名等は取材時のものです。

2016.02


副島 研造 教授
慶應義塾大学病院・臨床研究推進センター・副センター長
トランスレーショナルリサーチ部門長 ※所属・職名等は取材時のものです。

2016.03


青木 大輔 教授
慶應義塾大学病院・臨床研究推進センター
臨床研究実施部門長

2016.05

先人に聞く医師主導治験

宮川 義隆
宮川 義隆 教授
(第70回、内科学)
埼玉医科大学病院・総合診療内科
血栓止血センター長

2017.08

金子 祐子
金子 祐子 准教授
慶應義塾大学病院 リウマチ・膠原病内科
※所属・職名等は取材時のものです。

2019.08