研究シーズ紹介

慶應義塾大学の橋渡し研究拠点で取扱っている研究シーズ(公表可能なもの)を紹介します。
すでに企業等と連携して実用化に向けて進んでいるものもありますが、現在、連携・協力企業との交渉を進めている案件も数多くあります。

〔研究シーズの段階について〕  

  シーズH   異分野融合型(要素技術の原理確認、シーズA移行目指す基礎課題)
  シーズA   関連特許出願を目指す基礎研究課題
  シーズB   非臨床POC取得及び治験届出を目指す課題
  シーズC   治験又は高度・先進医療等を実施し、臨床POC取得を目指す課題

現在支援中の研究シーズの紹介         

慶應義塾大学産学連携用創薬研究シーズ公開データベース:シーズ公開サイトを開設しました。

シーズ公開サイトへのリンク:https://seeds-list.open-innov.keio.ac.jp/

慶應橋渡し研究支援拠点が支援しているシーズのうち、企業との共同研究や連携を希望する課題につきましては、拠点外シーズも含めて本シーズ公開サイトを活用し、紹介してまいります。

慶應義塾大学 産学連携用 創薬シーズ公開データベース
について

慶應義塾大学では、創薬研究シーズの社会実装を推進するため、医学部の早期研究シーズをノンコンフィデンシャル(非秘密)ベースで幅広く企業に向けて紹介するデータベース(シーズ公開サイト)を2021年4月より稼働いたします。(本データベースへのアクセスについては、上記リンクからお願い致します。)

  • 慶應義塾大学医学部の創薬シーズ、特に早期の研究シーズについて、企業との早期提携を実現することを目的に構築しました。医療機器シーズ等についても、今後順次掲載していく予定です。
  • 橋渡し支援シーズについては、これまでシーズリスト一覧のリーフレットを用いて、企業へ紹介してまいりました。今後は本データベースを活用することにより、利便性が一層向上すると考えています。
  • 本データベースには外部未公開のシーズ情報も掲載します。情報保護の観点で、データベースの閲覧を希望する企業様には事前登録をお願いいたします。
  • 登録頂いた企業様にお支払い頂く会費はデータベースのメンテナンス費に充当し、持続的な運用を行います。
  • 既存・先行のアカデミアシーズ公開サイトの長所、改善点を考慮した上で、本データベースは以下の特徴を有しています。
    1. 慶應拠点が支援する創薬研究シーズをワンストップで検索することが可能
    2. 課題情報、ノンコン資料に容易にアクセスできる
    3. 進捗の見える化(アップデートフラグ)で、企業様がマッチングのタイミングを判断できる
    4. 産学連携コンシェルジュ、橋渡し研究シーズ担当プロジェクトマネージャー(PM)が提携まで仲介・伴走(拠点外シーズは当該担当者へのスムーズな移行と支援)することにより、研究者‐企業間での忌憚のない協議が可能となっている。

なお、これまで通り橋渡し研究シーズリストのリーフレット(研究課題名の一覧)でのご紹介も可能です。どうぞお気軽にお問い合わせください。

慶應義塾大学病院 臨床研究推進センター トランスレーショナルリサーチ部門 
お問合せフォーム: https://www.ctr.hosp.keio.ac.jp/forms/seeds.html
または  email: seeds-tr@ctr.hosp.keio.ac.jp