倫理審査・治験審査について

学内で得られた基礎研究や非臨床研究の成果を早期に実用化へ結び付け、医療現場と患者さんに迅速に届けるために、円滑に臨床開発のステージへ移行する支援を行います。センター運営委員会やシーズ評価委員会の討議のもと、研究開発プロジェクトを滞りなく推進させられるよう関係各部門の協力体制を構築しています。

治験事務局

詳しくは、治験事務局ホームページをご覧のうえ、お問い合わせください。

 

倫理に関する委員会

「倫理委員会」「特定認定再生医療等委員会」「ヒト胚性幹細胞・ヒトiPS細胞・ヒト組織幹細胞に関する生命倫理委員会」については、倫理に関する委員会ホームページをご覧のうえ、お問い合わせください。

倫理審査を行うためには、認定講習の修了が必要です。

■慶應義塾大学医学部倫理委員会 倫理審査申請要件■

以下のならびにの両方の基準を満たしている研究者の方(研究責任者、研究実務責任者、個人情報管理者、研究分担者の全員)のみが、倫理申請可能です。

【参考】「人を対象とする医学系研究計画」を申請する研究者等の教育・研修の受講に関する事項(2015年9月25日 医学部倫理委員会)

A基準 

慶應義塾大学医学部倫理委員会 認定講習(最後に受講した認定講習修了日から3年間有効)
倫理委員会認定講習有効期間内に 以下 a~c のいずれかの講習を1 回以上受講・修了してください。講習の修了日から3年間要件が更新されます。

B基準

CITI 慶應義塾による通知(コース修了日より4年経過後の年度末まで有効)

 受講方法の詳細は、臨床研究教育研修 受講管理システムをご覧ください。

 

その他関連部門

詳しくは、慶應義塾大学病院ホームページ「診療科・部門一覧」

  • 中央診療施設・支援部門
  • 臨床教育・臨床研究支援部門

をご覧のうえ、お問い合わせください。