メタボロミクス・コア

メタボローム解析とは

 メタボローム解析とは、代謝産物を網羅的に解析する手法です。ヒト由来または実験動物由来の組織や培養細胞を対象として、外部刺激や疾病などによる代謝変動を解析す ることにより、病原因子の特定・発症メカニズムの解明・バイオマーカーの探索などに有用です。

<メタボロミクス・コアにおけるサービスの特徴>

  • 主にCE-MS(キャピラリー電気泳動質量分析装置)を用いて、 解糖系、TCAサイクル、アミノ酸、核酸等をターゲットとした水溶性低分子代謝産物(約140成分)の絶対定量解析を行います。
  • LC-MSを用いた培地分析(約80成分)も対応可能です。
  • 正確な解析にはサンプリング条件が重要になります。サンプルごとに最適なプロトコルをご提供いたします。
  • 詳細な情報開示可能な場合のみ要望に応じて、データの解釈・考察についても無償にてご対応致します。

測定実績のあるサンプル

  • 心臓、肝臓、腎臓、消化管、筋、脳、眼球などの生体組織
  • 血清、血漿、赤血球、尿、糞便などの生体液
  • 培養細胞(接着・浮遊)、オルガノイド
  • 培地成分、大腸菌など

その他、お気軽にご相談ください。

解析に用いる主な装置・機器類

  • CE-QTOF-MS
  • LC-TQ-MS



ご利用方法&お申込み

本システムを利用したメタボローム解析は、すべて「受託解析」となります。
受託解析の手順は、ご利用申込み① → 解析内容・コスト等について相談・合意 → ご利用申込み② → 受託解析の開始 となります。本システムのご利用を希望される方は、まずは下記の問い合わせフォームにご記入の上、送信してください。内容を確認後、担当者からご連絡させていただきます。

 ご利用を希望される方は、研究リソースへのお問合せフォームにてご連絡お願いいたします。

なお、お申込み受領後、受付確認の自動メールを送付いたします。メールが届かない場合は、お申込が未達の可能性がございますので、TR部門(TEL:03-5363-3474/内線:63744)までご連絡をお願いいたします。

お問合せ先

ご利用お申込み以外のお問合せにつきましても、お問合せフォームにてお願いいたします。

参考文献

培養細胞
1. Tohyama S., et al. Cell Metab. 23(4):663-74. doi: 10.1016/j.cmet.2016.03.001. (2016)
2. Yamamoto T., et al. Nat Commun. 17(5):3480. doi: 10.1038/ncomms4480. (2014)
3. Bao Y., et al. Mol. Cancer Res. 11(9):973-985 (2013)

4. Takenouchi T., et al. J Cereb Blood Flow Metab. doi: 10.1038/jcbfm.2014.253. (2015)
5. Morikawa T., et al. Proc Natl Acad Sci USA. 109:1293-1298 (2012)
心臓
6. Matsuhashi T., et al. J Mol Cell Cardiol. 82:116-124. doi:10.1016/j.yjmcc.2015.02.021. (2015)
7. Iso T., et al. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 33(11):2549-2557 (2013)
腎臓
8. Akahoshi N., et al. Am J Physiol Renal Physiol. 306(12):F1462-76. doi: 10.1152/ajprenal.00623.2013. (2014)
肝臓
9. Syamsunarno MR., et al. PLoS One. 8(11):e79386. doi:10.1371/journal.pone.0079386. eCollection 2013. (2013)