メタボロミクス・コア

メタボローム解析とは

メタボローム解析とは、解糖系、TCA回路、アミノ酸、核酸等、エネルギー代謝関連の水溶性低分子代謝産物※を定量する手法で、疾患原因因子のスクリーニングやバイオマーカー探索に極めて有用です。
メタボロミクス・コアでは、主にCE-MS(キャピラリー電気泳動質量分析装置)を用いたメタボローム解析を行っており、CE-QMS、CE-QqQMSを用いた水溶性既知代謝産物の絶対定量解析や、13C、15Nなどの安定同位体標識化合物を用いたラベル解析に加え、CE-QTOFMSを用いた未知代謝産物を含めた網羅的解析にも対応致します。

メタボローム解析の成否はサンプルの前処理方法が極めて重要ですが、当部門では前処理に必要な特殊な器具・装置もすべて揃え、メタボローム解析に最適な環境を整えておりますので、実験プロトコールのご相談などもお受けいたします。

 ※メタボローム解析の紹介(代謝物質リスト含む)

測定実績のあるサンプル

  • 心臓、肝臓、筋、脳、眼球などの生体組織
  • 血清、血漿、赤血球、尿などの生体液
  • 培養細胞(接着・浮遊)など

その他のサンプルについても測定可能かどうかお気軽にご相談ください。

解析に用いる主な装置・機器類

  • Agilent 1100 Series MSD Quadrupole MS system
  • Agilent 6530 Accurate-Mass Quadrupole Time-of-Flight (Q-TOF) MS system, 7100 CE System

Agilent 1100 Series MSD Quadrupole MS system

Agilent 6530 Accurate-Mass Quadrupole Time-of-Flight (Q-TOF) MS system, 7100 CE System

ご利用方法&お申込み

本システムを利用したメタボローム解析は、すべて「受託解析」となります。
受託解析の手順は、ご利用申込み① → 解析内容・コスト等について相談・合意 → ご利用申込み② → 受託解析の開始 となります。本システムのご利用を希望される方は、まずは下記の問い合わせフォームにご記入の上、送信してください。内容を確認後、担当者からご連絡させていただきます。

 ご利用を希望される方は、研究リソースへのお問合せフォームにてご連絡お願いいたします。

なお、お申込み受領後、受付確認の自動メールを送付いたします。メールが届かない場合は、お申込が未達の可能性がございますので、TR部門(TEL:03-5363-3474/内線:63744)までご連絡をお願いいたします。

お問合せ先

ご利用お申込み以外のお問合せにつきましても、お問合せフォームにてお願いいたします。

参考文献

培養細胞
1. Tohyama S., et al. Cell Metab. 23(4):663-74. doi: 10.1016/j.cmet.2016.03.001. (2016)
2. Yamamoto T., et al. Nat Commun. 17(5):3480. doi: 10.1038/ncomms4480. (2014)
3. Bao Y., et al. Mol. Cancer Res. 11(9):973-985 (2013)

4. Takenouchi T., et al. J Cereb Blood Flow Metab. doi: 10.1038/jcbfm.2014.253. (2015)
5. Morikawa T., et al. Proc Natl Acad Sci USA. 109:1293-1298 (2012)
心臓
6. Matsuhashi T., et al. J Mol Cell Cardiol. 82:116-124. doi:10.1016/j.yjmcc.2015.02.021. (2015)
7. Iso T., et al. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 33(11):2549-2557 (2013)
腎臓
8. Akahoshi N., et al. Am J Physiol Renal Physiol. 306(12):F1462-76. doi: 10.1152/ajprenal.00623.2013. (2014)
肝臓
9. Syamsunarno MR., et al. PLoS One. 8(11):e79386. doi:10.1371/journal.pone.0079386. eCollection 2013. (2013)