トランスレーショナルリサーチ部門

トランスレーショナルリサーチ部門(TR部門)では、アカデミアにおいて行われている、様々な疾患や病態、生理現象を対象とする基礎研究の中から、医療の現場につなげることができる研究成果(研究シーズ)を見出して、新しい医薬品や医療機器、再生医療等製品、体外診断薬等の実現のために必要な支援を行っています。トランスレーショナルリサーチ部門は、下記の4つのユニットで構成されており、それぞれのユニットで多岐にわたる業務支援を行っています。

TR企画戦略ユニット

役割

慶應橋渡し拠点として支援する研究シーズの管理を行い、関連する研究費の申請・管理・運営を行います。また、知的財産専門員との連携により開発の基礎となる「強い」特許の出願を目指すとともに、基礎研究・非臨床試験結果を迅速かつ確実に臨床試験へとつなげていく支援を行います。

TR非臨床管理ユニット

役割

非臨床試験全般に対して円滑かつ質の高い運用を目的として、QMS(quality management system)体制構築、並びに種々の文書管理や業務記録、PMDA資料管理などを行います。

TR連携支援ユニット

役割

首都圏ARコンソーシアム(MARC)を通じて首都圏私立医科大学等臨床研究機関を中心とした連携・協力関係の支援を行います。また、慶應橋渡し拠点が支援する研究シーズに対して共同研究開発企業との連携強化を支援します。各種セミナーや講習会の開催、橋渡し研究に関するシンポジウムを通じて人材教育の支援を行います。

TR技術支援ユニット

役割

細胞調整センター(CPC)、メタボロミクス・コア、ロボットスクリーニング・ラボなど研究開発に必要なオープン研究リソースを提供します。