生物統計部門 生物統計ユニット 学会発表

生物統計ユニット 学会発表(室員が発表者のもの)

  1. 阿部貴行.臨床研究における階層データの欠測への補完法の性能評価.日本計算機統計学会第31回シンポジウム,2017年11月,和歌山(予定)
  2. 阿部貴行,ロバーツレイチェル,佐野文哉,永瀬香,副島研造,佐谷秀行.臨床研究推進センターにおける生物統計支援の実際.ARO協議会第5回学術集会,2017年9月26日,名古屋.
  3. Abe T and Iwasaki M: An evaluation of multiple imputation methods for hierarchical data Joint Statistical Meetings, Aug 2017, Baltimore, USA .
  4. 阿部貴行,須藤亜紗実,増渕颯,中川敦夫:質の高い臨床研究を目指して:臨床研究の立案・実施において研究者が悩む生物統計学的事項.日本認知療法学会 第17回学術集会,2017年7月,東京.
  5. 中川敦夫,須藤亜紗実,増渕颯,阿部貴行:治療への期待と治療効果の検討:米国REVAMP データの2次解析.日本認知療法学会 第17回学術集会,2017年7月,東京.
  6. 阿部貴行: 欠測値へのimputationモデルに関する考察:精神科領域の事例より.科研費基盤S・第8回生物統計ネットワークシンポジウム「統計科学が切り拓く個別化医療:方法論・実践のフロンティア」,2017年3月28日,福岡.
  7. 中川敦夫,新良貴敏公,須藤亜紗実,増渕颯,阿部貴行:生物統計学・臨床研究デザインの教育プログラムの開発.日本認知療法学会 第16回学術集会,2016年11月24日,大阪
  8. Abe T, Shiosakai K, Roberts R, Sano F, Iwasaki M: Evaluation of sensitivity of statistical methods that assume missing at random. Joint Statistical Meetings, Aug 1, 2016, Chicago, USA.
  9. 阿部貴行: アカデミアにおけるメタ・アナリシスの実践.医学統計研究会・特定主題シンポジウム「臨床評価におけるデータの蓄積その活用:メタ・アナリシスとその実際」,2016年6月18日,東京.
  10. 阿部貴行. 大阪大学データ科学シンポジウム「欠測データ解析とモデル選択:生体情報データの統計モデル」Discussant, 2016年1月23日, 大阪.
  11. 阿部貴行. 特別セッション「医療機関に所属する統計家の現状と課題」:医学部・大学病院における統計家の役割 -海外との比較-. 日本計算機統計学会第29回シンポジウム, 2015年11月27日, 釧路.
  12. Abe T, Sato Y, Iwasaki M. Imputation models for longitudinal zero-inflated count data with dropouts. International Society of Clinical Biostatistics, Aug 26, 2015, Utrecht, Netherlands.
  13. Abe T, Shiosakai K, Sano F, Roberts R, Sato Y, Iwasaki M. Multiple imputation for longitudinal count data with dropouts - A methodological evaluation. Joint Statistical Meetings, Aug 8, 2015, Seattle, USA.
  14. 阿部貴行. ワークショップ: サンプルサイズを考えよう-検出力と実施可能性のバランスをどうする. 第12回日本うつ病学会総会・第15回日本認知療法学会, 2015年7月19日, 東京.
  15. Abe T, Shiosakai K, Sato Y, Iwasaki M. Evaluation of statistical methods for longitudinal count data with dropouts. Joint Statistical Meetings, Aug 4, 2014, Boston, USA.
  16. Abe T., Sato Y. and Iwasaki M: Sample size calculation for non-inferiority clinical trials with paired Poisson count data. XXVIIth International Biometric Conference, July 7th 2014, Florence Italy.
  17. Roberts R. Medical Statistics: How to Analyze, Interpret and Present Your Data, Simply. Japan Society for Medical English Education, March 23, 2014, Tokyo.
  18. 阿部貴行, 佐藤裕史, 岩崎学: 対応のあるポアソン平均に関する非劣性試験における症例数設定. 日本計算機統計学会第27回シンポジウム, 2013年11月15日, 熊本.
  19. 阿部貴行. スタディーグループ, 個別化可能なRCTの提案. 第23回日本臨床精神神経薬理学会第43回日本神経精神薬理学会合同年会, 2013年10月24日, 沖縄.
  20. Abe T, Sato Y, Iwasaki M: A comparison of methods for analysis of longitudinal categorical data with dropouts. 2013 Joint Statistical Meetings, Aug 5, 2013, Montreal Canada.
  21. 阿部貴行: ワークショップ, 進化する医療統計-精神科臨床研究を正しいものにするために(混合効果モデル:欠測値の取り扱いとのリンク)-. 第109回日本精神神経学会学術総会, 2013年5月25日,福岡.
  22. 阿部貴行: From Data to Publication. 日本医学英語教育学会セミナー, 2013年3月24日, 東京.
  23. 阿部貴行: シンポジウム, 医学研究で使われる統計手法 -混合効果モデル-. 第22回日本臨床精神神経薬理学会第42回日本神経精神薬理学会合同年会, 2012年10月18日, 宇都宮.
  24. 阿部貴行, 佐藤裕史, 岩崎 学: 臨床試験における欠測を伴う離散型経時測定データの解析. 2012年度統計関連学会連合大会, 2012年9月11日. 北海道.
  25. Abe T., Sato Y. and Iwasaki M: Effect of mixed-effects model selection in comparing two correlated free-response ROC (FROC) curves adjusted for multiple observers. XXVIth International Biometric Conference, August 30 2012, Kobe.
  26. Abe T., Sato Y. and Iwasaki M.: Analysis of binary correlated data with missing. Joint Meeting of the Korea-Japan Conference of Computational Statistics and 25th Symposium of Japanese Society of Computational Statistics, Nov 12th 2011, Busan, South Korea.
  27. Abe T. Introduction of collaborative work with physicians at Keio University School of Medicine: Analysis of clinical radiological free-response ROC (FROC) data. Sep 21st 2011, Seminar of University of Minnesota Division of biostatistics, USA.
  28. Abe T., Sato Y., Yamada Y., Ogawa K., Kuribayashi S. and Iwasaki M.: Study design and analysis by means of free-response ROC (FROC) data: an evaluation of clinical radiological data. 2011 Joint Statistical Meetings, Aug 2nd 2011, Miami, USA.
  29. 阿部貴行: 医学アカデミアでの生物統計家の貢献: 現状と課題. 統計数理研究所リスク解析戦略研究センターシンポジウム, 2011年2月17日, 東京.
  30. 阿部貴行, 佐藤裕史, 山田祥岳, 小川健二, 栗林幸夫, 岩崎 学: Free-response ROC 曲線に基づく統計的推測. 日本計算機統計学会第24回シンポジウム, 2010年11月11日, 大阪.
  31. 阿部貴行. 医学研究者のための生物統計入門. SPSS Directions Japan2010, 2010年10月22日, 東京.
  32. 阿部貴行, 佐藤裕史, 山田祥岳, 栗林幸夫, 岩崎 学. Free-response ROC (FROC) 曲線を用いた画像診断データの解析. 2010年度統計関連学会連合大会, 2010年9月7日, 東京.